アリゾナの奇跡

MIND食(マインド食)とは、心疾患の予防に効果があるとされる「地中海式食事法」と高血圧を防ぐとされる「DASH」の2つを組み合わせた食事療法です。

米国でアルツハイマー病の発症リスクを低下させるとして研究者らにより発表され、
10種類の食品を積極的に摂取し、5種類の食品をなるべく避けるというものです。

★積極的に摂りたい10種類の食品
・緑黄色野菜(カボチャ、ケール、コマツナ、トマト、ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウなど)
・その他の野菜(ハクサイ、ダイコン、タマネギなど)
・ナッツ類(クルミ、アーモンド、ピスタチオ、ピーカンナッツなど)
・ベリー類(ブルーベリー、クランベリーなど)
・豆類(大豆、インゲン、グリーンピースなど)
・全粒穀物(小麦の全粒粉や玄米など)
・魚(マグロ、カツオ、サーモン、サバなど)
・鶏肉(脂肪の多い皮の部分を取り除く)
・オリーブオイル
・ワイン

★なるべく控える5種類の食品
・赤身肉
・バターやマーガリン
・チーズ
・菓子パンやケーキ、お菓子
・揚げ物、ファストフード

推奨される食材10種の中で、日本の食卓に無いものはナッツ類と言われています。
ナッツ類を日々の食材に転換することで、認知症予防の効果的対策となります。

【ゴールデンピーカンナッツ】のある新しい暮らしを。